水道の修理は自分でできるのか

水道の修理は自分でできるのか 生活をしていく中で、どんな状況であっても水は欠かせません。水がなくなれば、命にもかかわることとなります。ライフラインの一つとして公共のインフラを利用しますが、問題が起きたらすぐに水道 修理を考える必要があります。
家庭内を見ると、さまざまなところで水道が使われています。給水配管は各所にあり、排水管も見えないように設置されていますが、確実に機能を発揮させるためには定期的なメンテナンスが必要です。給湯器のように複雑な構造をしているものもあり、専門知識が必要なところは注意をしなければなりません。

■自分で行うか業者に依頼か

水は高いところから低いところへ流れる性質を持っています。通常の状態では、逆に流れることはありません。ライフラインとして送られてくるときには、圧力を掛けて送り出されるため、生活環境のいろいろな場所で使えるようになっています。
配管から水漏れがあれば、圧力がかかっている分勢いよく吹き出してしまうので、修理が困難になります。そのままにしておけばどんどんと流れ出てきますし、被害を広げてしまうでしょう。早期に修理できれば被害を抑えられますが、自分ではできない場合についても考えておくべきです。
安全で確実に修理を行うのなら、専門業者に任せる方法をとると間違いがありません。ライフラインであることを考えると、確実に使えるのが一番の選択です。信頼できる業者も見つけておくことも、何かあったときに備えて重要となります。

■素人では難しい給湯器
給湯器は、水を供給しなければ使えません。水がなければ、ガスや電気が供給されていてもお湯が出ません。設備として見ると水回りの中でも複雑で、修理も簡単にはできない構造です。ガスをはじめとして、電気など別のエネルギーを使ってお湯にする構造を持つため、水回りの中でもかなり複雑に作られています。給湯器は素人ではまず修理できないと考えておいた方が良いでしょう。
ガスも電気も目で確認をすることができないため、何が起きているのか、知識がなければ対応をすることは難しくなります。見えない以上危険なこともあり、専門業者に依頼するべき設備と言えます。
ただし修理はできなくても、給湯器が出している異常を見つけることはできます。日常的に見ていれば、水たまりができて水漏れしているといったことは発見することが可能です。これが早期の修理にもつながりますので、日常の中でも見逃さないことが大切です。

■自分でも交換できる蛇口

日常的に使う場所として、蛇口もよく水が漏れるトラブルの多い場所です。蛇口は永遠に使うことができるものではなく、摩耗も劣化もしていきます。耐用年数が過ぎれば、蛇口本体の交換も考えなければなりません。
蛇口は、水回りの設備の中でも細かな部品を使っていますが、比較的簡単に交換できる部分です。他の配管などとは異なり見える場所にあり、状況の確認も容易なところが特徴です。本体ごと交換するケースもありますし、部品だけ交換することで水漏れを直せる場合もあります。工具としても、あまり特殊なものを使う必要はありません。ホームセンターに行けば部品も手に入りますが、固着しており部品が外せないような場合は注意が必要です。
多機能なものの場合には、素人で交換をすることは難しい場合もあります。その場合は、確実に使えるようにすることを考えても、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

■まとめ
水道 修理は、原因によって難易度が変わってきます。簡単な場所もありますが、専門業者でなければ難しい場所もあることは理解をしておかなければなりません。知識があれば、何かあったときにすぐに修理の依頼をすることができます。知らなければ戸惑うことも出てくるため、どんなことが起きるのか、どんな内容ならできるのか、覚えておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース