漏水が分からないときは水道修理の専門業者へ

水が漏れてくる状況は、誰でも焦るものです。想定していない漏水が目の前で起きるのは、非日常的なことだからです。水が漏れてきた場合、自分で修理ができないとしても、知識があれば焦らず対応をすることができます。排水管 水漏れに自分で対応できないときには、水道修理の専門業者に依頼をして修理してもらうことが大切です。

■必ず訪れる経年劣化

排水管は、いずれ劣化して機能を果たせなくなります。どんなものであっても経年劣化から逃れることはできないからです。耐用年数があるのは排水管も同じで、いつかは壊れてしまいます。問題は、いつ壊れるのか、トラブルを引き起こす時期を見つけることです。
排水管 水漏れにつながるのが、接続部分です。一本の配管で排水管のすべてを作ることは難しく、必要に応じてつないでいることが一般的です。このつなぎ目はどうしても弱く、漏水しやすい箇所となります。詰まったときでも力がかかれば漏れ出してくる場所のため、点検を行っていく必要があります。

■隙間を弾力性で埋めてくれるパッキン

排水管の継ぎ目にはパッキンが使われます。水が漏れ出さないよう隙間を埋めるために使われますが、どうしても劣化してしまう部分です。ゴムで作られているため、弾力があるうちはしっかりと隙間を埋めます。しかし水に接しているので、どんどんと劣化し、弾力を失うことで隙間ができ、排水管が水漏れを起こします。そのため定期的に交換をすることが必要です。
パッキンには防臭ゴムが使われます。わずかなすき間を埋めるだけではなく、臭いも抑えてくれる大事な役割を持っています。清潔な環境の中で使うことを考えても、こうした効果を有効に得られるようにするため、定期的に交換をすることが求められます。

■まとめ
パッキンの交換については、そこまで難しいことではありません。ところが、排水管の位置を考えると、簡単に交換できないこともあります。場所を特定するだけでも難しい場合があるため、専門の水道修理会社に交換をしてもらうのが確実な選択です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ