水道だけではなくガスや電気も使う給湯器の修理

生活の中でお湯を使うシーンはいろいろとあります。給湯器があるからこそ、いつでも好きな時に使うことができるようになりました。多くの家庭に普及したことで、当たり前の設備となりましたが、故障もすることを忘れてはいけません。素人では修理が難しい機器であり、専門業者に依頼をすることが大切です。

■設置から時間が建ったら交換も考える

給湯器は、お湯を作り出す機器です。水道から水を供給し内燃機関を使って温め、お湯を作り出すことが基本ですが、熱交換などの新しい方法も出てきました。お湯を配管を通じて送水することで、さまざまな場所で使えるようになっています。
細かな部品も使われており、パッキンを使って接続されるため、経年劣化をすれば、どうしても水漏れするような箇所が複数ある機器です。給湯器 修理も必要になりますが、いつまでも部品が手に入るわけではありません。部品も製造開始から10年もたつと終了します。設置から7年程度たった給湯器は、修理よりも交換を視野にいれておく必要があるでしょう。

■修理は専門業者で

給湯器にはいろいろなトラブルがあります。お湯が出なくなったりするだけではなく、給湯器の周りに水が漏れたりすることもトラブルです。見た目ではっきりと分かる場合もありますが、単純にお湯が出ないという状態では、水道管も含めて内部の点検をしなければ解決しないことも出てきます。
給湯器は、ガスや電気を使うのが特徴です。ガスも電気も目視で存在が分からないところが危険性をはらんでいます。電気は漏電する可能性がありますし、ガスは引火すれば火災につながるため、素人が手を出すことはできません。水以外にいろいろなエネルギーを使っているため、トラブルが起きたときには、いったん使用をやめて専門業者に依頼して修理をしてもらう必要があります。

■まとめ
給湯器の構造は複雑で、いろいろなエネルギーを必要とします。水漏れを発見したときには、使用をやめて止水栓を閉め、水の供給を止めることが必要です。電気も使っていれば、水に触れるだけで感電することもあるため、早めに専門業者に点検してもらい、修理をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ