水道を使ったら流す排水管の配管修理

水道を通して水を使えば、どこかに流さなければなりません。そのために必要なのが排水管です。日常生活において排水管はなくてはならないものですが、使う以上水漏れを起こす可能性があります。排水ができなければ、どこかに流れ出し、悪臭も漂ってしまうので、生活環境に影響を与えることになるでしょう。衛生的にもできるだけ早く配管を修理することが必要です。

■見えない風呂場の排水管

排水管はいろいろなところに設置されていますが、水漏れする原因もその場所によって違います。風呂場の排水管 水漏れの場合、通常全く見えない位置に配管されているところが問題です。一見して見えないと、水漏れしているかどうかは風呂場からは分かりません。髪の毛や石鹸カスなどが詰まり配管を傷めたとしても、その状況を確認できないのが風呂場の排水管です。受け皿などをつけてあっても、異物のすべて受け止められるわけではありません。異物が流れていくと、やがて詰まり始めるとともに、配管を劣化させていきます。
配管が劣化すると、どうしても水漏れの可能性が高まります。経年劣化とともに、だんだんとダメージが蓄積していくからです。クリーナーなどで定期的に清掃するとともに、専門業者に依頼して洗浄をすると寿命を延ばせます。

■シンク下にある台所の排水管

台所も常に水を使う場所です。風呂場とは違い、食器を洗ったときに油なども流れます。排水管にも負担がかかりやすい場所で、どうしても劣化が進みやすい場所です。台所の場合、風呂場と違ってシンクの下から配管をのぞけることが一般的です。排水管はパイプをつないで構成している場合もあり、つなぎ目から漏れてくることも考えられます。水道のように圧送するわけではないため、給水管ほど強固には作られていませんが、継ぎ目があれば詰まったときに漏れてしまうこともあるでしょう。普段から気にしておくだけでも、漏れ出した時に素早く修理できる場所です。

■まとめ
風呂場と台所は、水道から大量に水を使うことから、排水管から水が漏れるだけで大きな問題になります。生活環境にも影響を与えることから、こまめなメンテナンスを考えなければなりません。日常的にできることだけではなく、業者に依頼をして高圧洗浄をしてもらうことも検討するべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ