蛇口の交換など水道の修理は元栓を閉めてから

水回りの設備は、日常生活を送る中で複数使います。圧をかけて送られてくる水を利用しますが、そのままでは止めることができません。蛇口があって初めて自由に使えるようになりますが、いつか壊れてしまうこともあり得ます。蛇口 交換の方法を知っておけば、いざというときに焦らずに済みます。

■水道に欠かせない蛇口

水を使うために、蛇口はなくてはならない設備です。しかし強い圧力に晒されることから、劣化も激しい部分と言えます。細かな部品を多く使っているので、それぞれ摩耗してしまうと、機能が発揮できません。水はわずかなすき間からでも漏れてくるため、精度が狂えば、必然的に水漏れを起こします。
蛇口は一般的に、耐用年数は10年と考えられています。この年数を過ぎると水漏れする可能性がどんどん高まるため、修理や交換を考えなければなりません。耐用年数を過ぎると、さびも出てきます。
耐用年数だけではなく、使用頻度も劣化に拍車を掛ける原因です。使い続けている方が劣化は早まりますので、使用頻度が多い家庭では早めに交換を考えた方が良いでしょう。

■元栓を閉めてから

蛇口 交換では、いくつか部品を用意して交換することになります。新品の蛇口の他にも、工具を含めて用意していかなければなりません。シールテープといったものも必要です。
交換すること自体は、そこまで難しくはありません。しかし、必ず行わなければいけないのが、元栓を締めることです。元栓を締めなければ、圧力がかかったまま水が流れてきます。蛇口 交換するときにしっかり締めておかないと、水が吹きだしてしまう恐れがあります。安全に作業できないだけではなく、周りも濡らしてしまうため、まずは元栓を締めて水が流れなくなってから作業をします。

■まとめ
蛇口 交換は、外すことができれば、取り付けも難しくありません。何よりも、元栓を締めて安全に作業すれば、割と簡単に行うことができます。取り付ける際には、シールテープを巻き、水漏れが発生しないように注意をするのがコツです。それでも不安に感じるのなら、水道修理の専門業者に依頼して取り付けてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ